人気ブログランキング |

タグ:町並み ( 10 ) タグの人気記事

 

伊勢へ日帰り旅行2

内宮には、バスで。

乗ったバスのアナウンス…

「今日は、非常に参拝される方が多く、プチ正月状態です。」

ほんとに多かったです。
賑やかなこと!賑やかせなこと!
参拝するなら、早朝、うなずけます。

b0296361_21182043.jpg


神苑の松の見事なこと。
盆栽が大きくなったみたいな枝ぶり、あ、盆栽があとでしょうね。


五十鈴川御手洗場で、手を川に浸すと最初は、気持ち良いくらいてしたが、ずっと浸してると、かなりひんやり…

お参りのあとは、おはらい町通り〜おかげ横丁。こちらも、凄い人!心斎橋並み?!

b0296361_21295651.jpg

人混みを避けて、川べりに、こちらからの風景も、なかなか情緒あり…

b0296361_21310221.jpg


b0296361_21304153.jpg


行きの電車は、なんとサロンカー。

座席も足元ゆったり、大きなテーブル付き!

帰りもこれで、と思ったけれど、15時代の次は、19時と時間が中途半端。で、断念。

b0296361_21341989.jpg


伊勢志摩方向へ、近鉄を使うなら、これ!
とても良かったですよ。

by nokko0604 | 2018-11-04 21:05 | 観光 | Comments(0)  

街歩き 和泉府中

先週土曜日は、鍼のあと、リーダー君との練習まで時間もあったので、和泉府中を、歩いてみた。

駅前の案内所で貰った地図を頼りに、まずは、和泉の地名由来となった和泉清水があるという泉井上神社を目指すことしました。

b0296361_20422225.jpg

神社に到着!案内板は、あるんだけど…あるんだけど…
その和泉清水は?
b0296361_20454378.jpg

まぁいいや、次は熊野街道(小栗街道)
b0296361_20464340.jpg
熊野街道を横切って、少しいったとこには、府中の地名由来の「和泉国府」跡の碑があり、この周辺もなかなか。
b0296361_20485430.jpg

最後に目指したのは、西福寺。
雷が鳴ったときに「クワバラ クワバラ」というようになった由来の伝説がある雷井戸があるお寺。地名も、桑原町。
b0296361_20542671.jpg
耳のお寺でもあるのか〜しっかりお参りしとこーと思ったのですが…この通り
b0296361_20553321.jpg
井戸は〜?とブルーシートのむこうをのぞき見…
b0296361_20561530.jpg
わからん!
諦めて、また、トコトコ…周辺あるき
b0296361_20575326.jpg
b0296361_20573365.jpg
暑かったー。







by nokko0604 | 2018-04-27 20:38 | 町歩き | Comments(0)  

谷六

熊野街道に残る町並みと書くと趣があるような…。
b0296361_20144395.jpg

昨日アップした榎木大明神の御神樹が奥に見えます。
b0296361_20144314.jpg

b0296361_20144397.jpg

by nokko0604 | 2016-07-11 20:14 | Comments(0)  

旧脇坂屋敷周辺…たつの

昨日のタイトル、遊歩は、龍野のガイド地図から頂きました。
「童謡の里 龍野遊歩」この遊歩って言葉、気にいったところをのんびり、歩く…私の歩き方を表してるみたいで気に入ったので♪

この日5時半に起きたんですね、走ってから行こうと…
でも、走り始めたら、めちゃ気分が悪くなって、結局、40分歩いて帰ってきました。
帰ってきて少し横になったら、楽になったんで、予定より30分遅れで出発。
姫路まで爆睡で、乗り換えた姫新線は初めてで、興味深々、
無人駅もあるのか、乗車券と一緒に料金を先頭車両の車掌にお支払くださいってアナウンスが流れたりして…楽しい。

b0296361_2354466.jpg


本竜野に着き、駅前で地図を確認、揖保川を渡り、こんな町並みが目に入ってくるとテンションが上がって、歩く足取りがドンドン軽くなってきて、ホッ。

b0296361_23125945.jpg


間もなく白壁の続く旧脇坂屋敷に到着

b0296361_23163737.jpg


b0296361_23165670.jpg


b0296361_23171913.jpg


さすが平日、地元の人としかすれ違わない、車はボチボチ通るんだけど、歩く人がいない…すれ違う人がいない…ちょっとビックリ。

by nokko0604 | 2015-06-04 23:18 | Comments(0)  

播磨の小京都 龍野

脇坂藩5万3千石の城下町であったっだけあり
観光名所や旧跡など、結構見どころもおおい。
…ことに、家に帰って気づいた。
現地で、もうちょっとガイド紙みておくんだったなー(^_^;)


b0296361_21513699.jpg
b0296361_21515274.jpg
b0296361_2152835.jpg

by nokko0604 | 2014-06-13 21:57 | 町歩き | Comments(0)  

庭瀬 2014.5.4

b0296361_23461055.jpg


庭瀬は、近世まで足守川とその支流を利用した船運が盛んに行われいた地区で、張り巡らされた堀・水路を水運等に活用し、水郷のまちとして発展してきた歴史をもつ。
庭瀬にある2つの城跡は、撫川城跡と庭瀬城跡とに呼び分けられていますが、もともとは一体の城で,、自然石の石垣をめぐらした堀もよく残り、沼城の典型を示してるそうだ。



b0296361_2347553.jpg

b0296361_23471920.jpg

b0296361_23473514.jpg


陣屋町を東西に貫く庭瀬往来(鴨方往来)は、近世山陽道とも結ばれていることから、陸路と水路の交わる交通の要地であった。庭瀬・撫川地区の堀や水路による町割り、城跡や家屋の街なみの景観保全を目指す住民運動は、活発らしく、町内には、案内板も設置されていて、散策にはいい感じです。
岡山駅から山陽本線または伯備線で2駅目、駅からも近いです。

by nokko0604 | 2014-05-16 23:53 | 町歩き | Comments(0)  

むかし下津井回船問屋

北前船で賑わった当時の商家の風景を再現した「むかし下津井回船問屋」
ここでは、「北前船」「町のくらし」「漁業」「おもちゃと遊び」「金毘羅参りと民間信仰」にまつわる品々が展示されている。

なんと、入場無料!中に入ると、
丁寧に解説してくれるおじさんがおられるし
展示物も多すぎず少なすぎずで、かなりお得感ある施設です。

b0296361_2252230.jpg


b0296361_22544957.jpg

中庭b0296361_22541467.jpg

by nokko0604 | 2014-04-30 22:56 | 観光 | Comments(0)  

下津井 2014.4.6

町並みオフ会のお誘いを頂いた、競技を再開して、すっかりご無沙汰してしまってるのに、嬉しい。
解消してしまった今、また行きたいところ、ですが、奄美にお遊びに行って、懐が寂しいので、断念。
入って、10年以上たつに、給料は据え置き、…ビックリの業界です。
この年で、この勤務年数なら、ダンス以外の趣味も増やせてもおかしくないのになぁ…などど、思わずぼやかずにはおれない私。

ぼやきはさておき、4月初め下津井の町歩きに行ってきました。
翌週に奄美大島に行ったため、ブログアップが先延ばしにしていましたが、
懐かしい町並みオフ会のお誘いもあって、今日は久しぶりに町並みアップ。


下津井は江戸時代に廻船問屋や遊郭が軒を並べた頃の面影が残り、岡山県によって町並み保存地区に指定されいる町。
風待ち・潮待ちの湊で、江戸時代から明治時代にかけては北前船の寄港地として栄え、金比羅参りの渡し場としても賑わっそうです。

そんな下津井の町歩き、時折雨が降ったり、気温も少し低かったけれど、久しぶりの楽しめました。


b0296361_23233499.jpgb0296361_23234733.jpgb0296361_2324521.jpgb0296361_23241748.jpgb0296361_23242930.jpgb0296361_23244065.jpg

by nokko0604 | 2014-04-26 23:39 | 町歩き | Comments(0)  

張り紙

奄美大島 嘉徳海水浴場のトイレで見つけた張り紙.

奄美大島の海開きは4月20日だそうだ、まだ真新しい張り紙が、海開きをまっているかのよう。
なかなか訴えるもののインパクトを感じる張り紙じゃないでしょうか。


b0296361_21205355.jpg


集落は…こちら

by nokko0604 | 2014-04-17 21:30 | Comments(0)  

倉吉

b0296361_230543.jpg


玉川沿いには、白壁土蔵群や甍(赤瓦)が広がっている町並みは、戦国時代に作られた城下町が原型で、江戸時代には陣屋町として整備されたもの。
「重要伝統的建造物群保存地区」ほか「かおり風景100選」 「美しい日の本の歴史的風土100選」にも選定されている。


b0296361_2322064.jpg



b0296361_2341674.jpg


b0296361_239278.jpg

b0296361_2335328.jpg










                                  
撮影:2013年7月26日

by nokko0604 | 2013-09-06 23:20 | 伝統的建造物群保存地区 | Comments(2)