旧岩崎邸&三笠宮杯

先週末の土日は、東京へ、ダンスの観戦をメインに遊びに行ってきました。

朝一番の地下鉄で新大阪へ。新幹線で、品川から乗り換え、
日本最高レベルの選手の踊りが見れる三笠宮杯の会場、東京体育館へまず直行。
関西からも、何組かの選手がエントリーしています、よく知った選手もエントリーしていますが
1次突破は難しいと聞いていたので、1次予選の最後の種目、クイックステップだけでも応援できれば…と急ぎました。
急いだ甲斐あって、クイックは全ヒート見ることができました。
2次予選ここからはシード選手も入ります、最初の種目ワルツを注意深くみましたが、お友達の姿はなく、2種目目タンゴを見て、旧岩崎邸へ…


b0296361_23333960.jpg

b0296361_2334883.jpg
b0296361_23321781.jpg
b0296361_23405872.jpg


設計:ジョサイア・コンドル
完成:明治29年(1896年)
この日は雨、残念ながら中庭方向からは建物は観れず…
室内撮影禁止の注意が目に入らず…
やってしまいました(^_^;)
注意を受けてからは、1枚も取ってませーん(T_T)
b0296361_2341245.jpg

天井の高い洋館の内部は、ジャコビニアン様式を基調に作られているそうで
当時は、岩崎家の集まりや外国人の賓客を招いてのパーティなどに使用されたそうだ。
豪華なすごい内装だった、和館にも廊下でつながっているのだけど…
こちらも、書院造りの広間は柾目の板をふんだんに使っているとのことで、和の贅を尽くした作りになっているそうだ。

撮影:2013年10月5日
[PR]

by nokko0604 | 2013-10-09 23:53 | 近代建築 | Comments(0)  

<< 鳥取 大羽尾 光の通天閣 >>